手取り15万円以下の女性たち「正社員なのに副業しないと暮らせない」「非正規11万円、正社員になってもほぼ変わらない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

手取り15万円以下の女性たち「正社員なのに副業しないと暮らせない」「非正規11万円、正社員になってもほぼ変わらない」

女性の画像

画像はイメージ

ほぼ最低賃金で雇われる場合、月の手取りが20万円以下になることも珍しくない。キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」へアンケートを実施。現在の収入や生活での困りごと、仕事や将来についてなど思うところを訊いた。今回はその中でも手取り15万円以下の女性の声を紹介する。

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「副業で月にプラス8~10万円の収入を得てどうにか暮らしています」

東京都で一人暮らしをする30代前半女性(手取り15万円/正社員/年収250万円)は、

「都内勤務でこの手取りでは一人暮らしもできないので、副業で月にプラス8~10万円の収入を得てどうにか暮らしています」

と明かす。いまの暮らしについて疑問や不安を感じているようで、

「自身が自由に過ごせる時間や寝る時間を削ってまで働いて、やっと同世代の人並みもしくはそれを下回る程度の収入しかありません。何のために働いて何のために生きているのか時々わからなくなるし、この程度の収入では当然貯金もできないので将来に対する不安しかありません」

と心情を吐露。また「今後の目標や夢など持てる余裕もなく、長生きせずに早死にできたら楽かなと、そんな事ばかり考えてしまいます」と寂しげに綴っている。

兵庫県の20代後半女性(サービス系/契約社員)は、手取り11万円で年収100万以下。自身の収入について、「手取り額も少ないが、元々の総支給額が都市部の会社にしては少なく感じる」と疑問を抱いている。

「現在、非正規雇用で、正規雇用の話ももらってはいるが、 正規雇用になっても非正規雇用と給与は少ししか変わらず、時間での拘束が増えるだけなので 思い切る事ができない。将来的には正規雇用の方が良いのはわかっているが、現在の会社を見ていると時間の拘束による体調面での不安が真っ先に出てくる」

と複雑な心境を打ち明けた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ