間違って喪服で面接に行ってしまった女性「安いジャケットを見つけて買ったのですが……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

間違って喪服で面接に行ってしまった女性「安いジャケットを見つけて買ったのですが……」

画像はイメージ

面接では服装やマナーも大切となる。今回は栃木県に住む40代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職/正社員・職員/年収450万円)から寄せられた「面接での信じられないエピソード」を紹介する。(文:谷城ヤエ)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「誰かに気付かれていたかもしれません」

「いまから数年前、ある会社の面接が決まり久しぶりのスーツに袖を通すとキツくて急いでジャケットだけ買いに行きました」

たまたま安いジャケットを見つけ、「一度だけだし」とそれを購入して面接に挑んだという女性。面接が終わり、帰宅した女性は自分の姿に驚く。

「なんとその時の黒のジャケットは喪服だったんです!面接時に社内の案内もされてたくさんの人とすれ違ったから誰かに気付かれていたかもしれません」

まさかの事態に女性も焦ったことだろう。ちなみに面接結果は

「見事内定。今もその会社で働いています」

と綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ