立命館大学卒の20代女性 学歴は「遊びたいのを我慢して勉強した」という証明 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

立命館大学卒の20代女性 学歴は「遊びたいのを我慢して勉強した」という証明

画像はイメージ

キャリコネニュースでは「学歴」に関するアンケートを行っている。「学歴は必要」「学歴よりも実力が重要」などさまざまな意見があるが、今回は「学歴が必要」と考える女性読者の意見を紹介する。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは学歴をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/K0DQY3O9

「やはり難関国立に行けた人を尊敬しています」

東京都の20代女性(商社系/営業/正社員/年収600万円)は、関西の有名私大・立命館大学卒だ。女性は学歴について、「『努力した』『遊びたいのを我慢して勉強した』ことの証明」と考えている。

「学歴がない人が悪いとは全く思いませんが、『学歴なんて意味ない』というのも違うと思います。私は私立大学しか行けませんでしたが、やはり難関国立に行けた人を尊敬しています。苦労して勉強する事は良いことです」

女性は自身の学歴には不満があるようで、「もっと勉強して難関国立目指したいです」と綴っている。

子育て後の女性「”大卒肩書き”はおばちゃんでも効力あるかと思われます」

「50歳代の大卒おばちゃんです」と投稿してくれたのは、京都府の50代女性。女性は大卒であることのメリットを、こんな場面で実感したようだ。

「子育て後、40代で専門学校に通い資格取得を得て就活。専業主婦17年のブランクがあったが、大卒&新資格にて希望通り(今の職場に)合格。”大卒肩書き”はおばちゃんでも効力あるかと思われます」

子育てにより17年間ブランクがあった女性は、現在ITエンジニアの正社員として年収400万円で働いている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ