失礼すぎる面接官「なぜか喧嘩腰。私が話してる間は目線を斜め上にしたまま終始無言」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

失礼すぎる面接官「なぜか喧嘩腰。私が話してる間は目線を斜め上にしたまま終始無言」

画像はイメージ

面接官の態度から、企業の体質が透けて見えることもある。採用側も誠実な態度でのぞむべきだろう。埼玉県の40代後半の女性(その他/年収100万円未満)は「ここまで失礼な面接担当は初めて」と語る。(文:谷城ヤエ)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「本当に面接担当者だったのかと疑うくらいの失礼な態度に唖然」

「CMが話題になった某スポーツジムの面接。案内された場所では10名くらいの求職者とそれぞれ面接担当者がいて、既に1対1の面接が繰り広げられていた。私も空いた席に案内され待つこと10分。若い男性がやって来て私を見るなり顔をしかめた」

男性は「自己紹介も無し」で「履歴書をチラッと見て、志望動機は!?となぜか喧嘩腰の口調」だったという。

「私が話している間、目線を斜め上にしたまま終始無言。聞いてませんアピールかと腹立たしく思いながらも、以上です。と言うと、ふーん。じゃあ私はこれで。と去って行った」

「質問されるでもなく、こちらからの質問を受けるでもない。本当に面接担当者だったのかと疑うくらいの失礼な態度に唖然とした。わざわざ都心まで出てきてこの扱い」

果たしてこれは面接と呼べるのかというような男性の態度。入念に準備をしてきた、面接を受ける側の気持ちは全く考えていないようだ。

「帰宅してすぐ辞退の連絡をした。合格してもこちらからお断りだし、不合格でもその報せを受ける事がまた腹立たしい」

と即時に判断した女性。

「今ではCMも見かけなくなり業績悪化の噂も聞く。当然の流れだろう」

と綴っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ