「風邪でも、絶対に休めない あなたへ」 製薬会社の広告コピーにツッコミ「風邪でも休める社会にすべき」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「風邪でも、絶対に休めない あなたへ」 製薬会社の広告コピーにツッコミ「風邪でも休める社会にすべき」

広告はその時代のトレンドや空気感が表れると言われるが、10月26日にとあるツイッターユーザーの男性が投稿した、電車内の広告の風邪薬のコピーが話題になっている。

「『風邪でも、絶対に休めない私』のために薬を開発するより『風邪でも、絶対に休めない社会』をどうにかしてほしい」

「日本からブラック企業が消える日は遠いな」

風邪のときは、休ませて…

風邪のときは、休ませて…

「風邪でも、絶対に休めない あなたへ」。これは、エスエス製薬が発売する総合感冒薬「エスタックイブファインEX」の広告コピーだ。お笑いタレントの有吉弘行さんがCMに出演している。

男性のツイートは約1万2800件リツイートされ、ツイッターで話題になった。

「日本からブラック企業が消える日は遠いなと思った。私にはその広告、製薬会社がブラック促進してるようにしか見えないんですが」
「『風邪でも絶対に休めない』労働者が当然のようにいるし、それがおかしいことではない、という価値観を再生産していてかなり嫌な気分になった」

ほかにも、「体温38度あっても学校にも会社にも行ってた。学校にも職場にもなかなか云えない雰囲気が」と、自身の経験を書き込む人も。風邪を引いて体調が悪いときは、薬を飲んで無理に出勤するのではなく、しっかりと休むことが大切だが、休みたくても休めない人は多いようだ。

「休んだ人がいるだけで回らないような仕事の仕方をしている会社に問題がある」

日本では風邪を引いたくらいで会社を休めない、という風潮が依然として根強い。ネット上を見ても、「熱があるので欠勤の連絡を入れたら上司から、体温計の写メと診断書を持ってこいと言われた」「インフルエンザにかかっているのに出勤を命じられた」「高熱で点滴を受けているところに上司が来て会社に連れていかれた」という類の書き込みが散見される。

中には、

「先ずはぶっ倒れよう。眠ろう、休もう、医者に行こう。許可を取るのは二の次。電話がかかって来たら『起きられない』『息ができない』『胸が痛い』これでオケ」

と書く人がいたが、こうまでしないと休めない、というのは異常だろう。また、「1人1日2日欠けたくらいで、回らないような仕事の仕方をしている会社に問題があるんじゃ?」という人も。人は機械ではないので、体調を崩すこともある。会社を回す立場にある人は、欠員が生じても業務に支障をきたさない仕組みを作ることが大切だろう。

あわせてよみたい:「クーポン使うの見て吐き気」

 

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 【モンスター新人】注意されたら先輩に無言でボディーブロー「周囲に取り押さえられ、その日のうちにご退職願いました」
  2. 「1週間の徹夜は我慢しろ」「死ねクズ」 ブラック企業体験イベントで、どれだけ罵倒されても「この会社にいたい」と思った話
  3. 驚愕!ブラック企業体験談「有休を取るのは人が死んだとき」「1週間トラックで生活。睡眠時間1~2時間でした」
  4. 「30歳で年収500万しかないの!?」 バブルを経験した親の発言に現役世代が激怒!
  5. ブラック企業の地獄のようなセクハラ「女性は身体を触られるのが当たり前。社員旅行では部屋に連れ込まれそうに」
  6. 35歳、年収500万で「人生詰んだ」と嘆く人にツッコミ多数 「平均かそれより恵まれてるだろ」「非正規の存在を忘れずに」
  7. 離職率が高い会社の特徴「低賃金より人間関係で辞める人がほとんど」
  8. 給料があがらないのは「無能をクビに出来ない」から? ひろゆき氏発言に賛否両論 「50代だぶついとる」「クビにしても給料上がらん」
  9. "女だから"職場で受けた理不尽すぎるハラスメント「普通は産休取らないでしょ」「流産して上司に怒られる」
  10. 受付なのにトイレ掃除をさせられて1か月で退職した女性 「新人が掃除するのが当たり前、と説教されました」

アーカイブ