周囲を疲弊させる困った上司「僕は誰ともコミュニケーションを取らない」「いい感じにやっといて」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

周囲を疲弊させる困った上司「僕は誰ともコミュニケーションを取らない」「いい感じにやっといて」

部下たちを困らせる「コミュ障上司」や「クラッシャー上司」たち

部下たちを困らせる「コミュ障上司」や「クラッシャー上司」たち

困った上司の中には、パワハラやセクハラを働くのとはまた違ったタイプもいる。どのような上司に困っているかを聞くと、キャリコネニュース読者からは「滑舌が悪い」(50代男性、技術職)という声が多くあがった。何を言っているかわからず、いちいち聞き返さなければいけないのは確かに面倒だ。せめてゆっくり喋ってもらいたい。

また管理・事務職の20代女性は、「困ったことがあればすぐに言って」という上司に困っている。

「いざ伝えると『いい感じにやっといて』もしくは『そうか。困ったな。それはどうしようもない。どうしたらいいと思う?』と上司。考えた結果相談しているのに、質問返しか適当な対応です」

“埒が明かない”やり取りを強いられたという声も少なくはない。管理・事務職の30代女性もその1人だ。

トラブルが起きても「それは僕に関係ない。知らない」

その上司は「僕は誰ともコミュニケーションとらない。他の人と仲良くすると『優遇している』と誤解されるから」という。席が近くにもかかわらず、用件はメール。付箋で伝える場合は、女性の離席中に貼るという徹底ぶり。

そんな上司は、自分が会社で一番偉いと思っているようだ。社長が許可したことも急に却下したり、「自分たちでやれ」と言っておきながら契約が決まる直前にクレームをつけたりして、契約遅れや延期になるなど業務に支障が出るという。さらにこの上司について、

「社長からの仕事と自分が面倒ではない仕事だけを選び、他はすべて部下に丸投げ。時間が空くと、ほぼネットサーフィン。フォローもなし。何かトラブルが起きても『それは僕に関係ない。〇〇がやったから知らない』、責任逃れと言い訳のみです」

さらに、印刷物を取りに行っても、すぐクシャクシャと丸めてゴミ箱に捨てるという。女性は「部下が仕事をしているか確認するために、わざとしているのではないかと疑うくらい回数が多い」と勘ぐっている。

「打ち合わせにも出ない名ばかり部長です。内容を聞こうとも、理解しようともせず、最終金額でしか判断しないので、会話になりません。同じ部署なのにコミュニケーションをとらないで、どうやって仕事すればいいのかわからない」

「部下のことを気遣うとか、フォローするという気持ちをまったく持っていません」

管理・事務職の40代男性は、クラッシャー気質の上司について綴る。上司は気が合わない部下に対して、とことん責める。

「部下のことを気遣うとか、フォローするという気持ちをまったく持っていません。部下がどんどん辞めても、休職しても、すべて他人事。部下の気持ちが分からない鈍感な上司です。今の部下はみんな『早くいなくなれ』と思っているのに、それを感じていない鈍感力」

それでいて、「大した仕事もしないため、暇を持て余しては重箱の隅ばかりつつく」という。周囲から煙たがられているが、上司はそれをものともしないそうだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」「年末年始、休めますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ