新人の芽を摘んでしまう職場の体質「見て覚えろ」「体育会系のノリで女性がついていけない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

新人の芽を摘んでしまう職場の体質「見て覚えろ」「体育会系のノリで女性がついていけない」

新人教育が疎かな職場とは?

新人教育が疎かな職場とは?

新人育成は相乗効果をもたらすものだ。時間はかかるが、一人前に成長すれば社内の貴重な戦力が増強でき、教える先輩社員にとってもまた勉強になることが多い。しかし、新人教育を重視しない会社も多いようだ。企業口コミサイト「キャリコネ」には

「職場の雰囲気はかなりギクシャクしており、新人は1年程度、肩身の狭い思いをします。怒鳴り散らす上司もいて、ナース室にはいづらいと思います」(看護師/20代後半女性/正社員/年収300万円)

といった声が寄せられている。今回は新人が育たない職場の特徴を紹介する。【参照元:キャリコネ】(文:鹿賀大資)

「昔気質の人間が多いので、若い人は相当苦労する」

フロアスタッフの20代男性(契約社員/年収300万円)も「新人は許可が出るまで声出しをさせられたり、売上が悪いといつも詰められたりしていた」という。現在は改善傾向にあるそうだが、戦々恐々のなか働くとなれば成長を妨げるのは無理もない。

「気に入らない新人だと『これ15時までにやれ。出来なかったらお前、会社を辞めろ』なんてことを平気で言っている。もっと社員を大切な仲間として扱わないと駄目だと思う」(技術関連職/20代後半男性/正社員/年収300万円)
「まともな新入社員は3日で辞めていく。新人には社内の決まりなどは、ほぼ教えてくれない。皆恐る恐る様子を見て親しい先輩に聞くしかない。ボールペンや付箋などの文房具は個人で買うしかない」(コールセンタースタッフ/30代前半女性/正社員/年収350万円)
「上司・先輩は基本的に『後ろで見て覚えろ』なので、新人が思うように育たない。昔気質の人間が多いので、今の若い人は相当苦労する。次から次へと人が辞めていき、いつまで経っても会社の戦力がアップしない」(生産・製造技術/50代後半男性/正社員/年収500万円)

新人に必要以上のプレッシャーをかけたり、声がけをしなかったなどの投稿があった。こうした職場では、新人が育たないばかりか、育つ前に退職してしまうだろう。「会社が成長しない=新人を育てられない」に気付かないのが、口コミにみられる会社の共通項だ。

「人手不足で新人教育がまともに行われない」

「新入社員の教育がまともに行われてない。ここ数年、出社した時に挨拶もせずに横を通り過ぎ自分の席に着いたり、タメ口で喋ってくる人もいたりというのが目立つ」(法人営/40代後半男性/正社員/年収400万円)
「とにかく人手が不足しているため定時で生産が終わることがありませんでした。有休休暇をとらせない、新人を育成しないなど、労働環境も人間関係も悪く、結果的に人が定着しないのが問題だと思います」(その他/30代前半男性/正社員/年収250万円)
「働きにくい職場と言わざるを得ない。そもそも人数が少ないのもあるが、昔ながらの体育会系のノリもあり、特に新人女性が苦労している場面を何回も見たことがある」(その他/20代後半男性/正社員/年収500万円)

人員不足により新人教育が疎かになる、といった声もあった。人手が足りない職場では負の連鎖に陥るようだが、右も左もわからずに入社する新人にとっては迷惑でしかない。「人員補充したい」という会社の考えも理解できなくはないが、それなら新たに雇用する人の成長にも配慮するのが最低限の責任だ。【参照元:キャリコネ】

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ