派遣社員の9割が「職場に接し方に困る人がいた」と回答 対策1位は「一定の距離を持つ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

派遣社員の9割が「職場に接し方に困る人がいた」と回答 対策1位は「一定の距離を持つ」

多くの人が職場で良い出会いを見つけているようだ

多くの人が職場で良い出会いを見つけているようだ

エン・ジャパンは4月28日、「勤務先での出会い」についてアンケート調査の結果を発表した。調査は2月27日~3月25日に、同社の「エン派遣」の利用者を対象に実施。6864人から回答を得た。

今までの職場で、出会えて良かったと思えた人がいたという人は84%だった。

勤務先で期待する出会い1位「仲良くなれる同僚」

具体的に聞くと、最も多かったのは「同僚」で53%。

「同じくらいの入社だったけれど、仕事に対する姿勢がとても前向きで、その姿勢に引っ張られて頑張ることができた」(31歳男性)

といった声が寄せられた。他には「上司」(42%)、「先輩」(38%)が多かった。理由としては、

「上司なのに誰よりも早く電話をとったり、みんなが嫌がるような仕事を進んでしている姿を見て、私もそうなりたいと思ったからです」(28歳女性)

「仕事を丁寧に教えてくれ、失敗してしまったときも励まし支えてくれた。プライベートでも食事に誘ってくれ、面倒見の良い先輩でした」(25歳女性)

などが挙がった。仕事への姿勢や後輩への配慮に関する内容が多かった。

一方、職場に接し方に困る人がいたという人も90%にのぼった。具体的には「上司」が最も多く30%だった。

以降は「先輩」(25%)、「同僚」(24%)と続いた。そのような人たちと付き合うための有効策は、「一定の距離を保つ」(36%)、「仕事だと割り切る」(33%)が多かった。「コミュニケーションを取らない」という人は4%だった。

今後、勤務先で期待する出会いトップ3は「仲良くなれる同僚」(65%)、「尊敬できる上司」(54%)、「頼れる先輩」(44%)だった。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ