はじめしゃちょー、昨年のアプリ課金総額は364万円 コロナによる”おうち時間”も一因に | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

はじめしゃちょー、昨年のアプリ課金総額は364万円 コロナによる”おうち時間”も一因に

画像は動画をキャプチャ

画像は動画をキャプチャ

YouTuberのはじめしゃちょーが2月21日、2020年のアプリ課金額を明かした。はじめしゃちょーは以前から「私が人生で最もお金を費やしたことはアプリへの課金」と明言していた。

動画では「ばーんって10万円くらい課金した時に何も思わなくなった」という瞬間もあったと語り、戒めのためにも1年間のアプリへの課金額を公開。2020年は総額364万3366円にのぼった。

「今年も経済回していこうな」と前向き

年間の課金回数は579回。前年(696回)と比べてかなり回数は減っている。はじめしゃちょーは「モンスターストライク」「モンスターファーム」「パズル&ドラゴン」といったゲームや、楽曲購入、ピアノアプリのサブスクリプションなどに課金していた。

最も課金したのは10月で、総額71万9750円にのぼる。次ぐ7月は62万7734円。RPG「AFKアリーナ」に「人生史上最強レベルで課金してた」という。

はじめしゃちょーの課金額は2013年には0円だったものの、2014年は7800円、2015年は27万7380円、2016年は65万7750円、2017年は112万7150円、2018年は219万2890円と右肩上がりとなっている。

ちなみに未計算だった2019年は425万7237円で、「過去最高だった」と明かす。2020年の課金額も”廃課金”状態であることには変わりはなく

「おうち時間ということでスマホで遊ぶときが多かったので致し方ない出費だと思います。今年も経済回していこうな」

と語っていた。今後も課金を続けるようだ。コメント欄には「普通のサラリーマンの年収くらい課金してて草」「YouTuberドリームすぎる」といった声が寄せられている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ