「僕に何か憑いてない?」霊感ライターが見た上司を覆い尽くす”黒い靄”

黒い靄

黒い靄

【父と娘の心霊夜話】代々霊感の強い家系に生まれた筆者。特に父がとてつもなく強いのだが、筆者も幼少期からそこそこ不思議な経験をしている。

出産を経てアラフォーの今は落ち着いているのだが、大学時代から20代後半頃までは、結構敏感にいろいろなものを感じ取っていた。今回は上京して2年目、まだ20代前半だった頃の体験談を紹介する。(文:コティマム)

→【父と娘の心霊夜話】の最新話はこちらから

20代の頃に見えた人の「色」