今度は勝てる? パチスロ、6.5号機時代で休眠ユーザーはそろそろ目覚めてもいいかも | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

今度は勝てる? パチスロ、6.5号機時代で休眠ユーザーはそろそろ目覚めてもいいかも

画像はイメージ

これまで再三、こちらのコラムで現行のパチスロで6号機と区分される機種がその出玉性能の低さからファンにそっぽを向かれているという話をしてきた。が、これは別に悪いことではなかった。そもそもパチスロというのは、適度に楽しむ遊技だ。本来賭博としても認められていない。

しかしかねてより出玉性能を高め過ぎて、射幸性の高い機種もしばしば登場。これが問題視されるようにもなった。このため、6号機登場以降は今に至るまで、出玉のリミットと有利区間と呼ばれるものを導入し、一撃でも最大2400枚到達か、有利区間終了の時点で必ず連チャンが終わる仕組みとされた。

この変更によって、一獲千金を目論んで無茶をするユーザーはたしかに減った。傍目にはパチスロというジャンルの人気が下がったようには見える。しかし、業態としての健全化は叶ったわけである。やっぱり無鉄砲に、生活費までつぎ込んで遊ぶ者が多かった6号機以前のパチスロって不健全だったわけで。

ただ、そうは言っても今のパチスロ6号機には、わざわざお金を使って遊ぶ意味を見いだしにくかったのも事実。そこで6号機も徐々に進化していって、最近では6.5号機と呼ばれる機種がデビューするようにもなった。

この6.5号機というのを簡単に説明すると、従来の6号機よりコイン持ちが悪くなり、その代わり有利区間が伸びて、場合によっては2400枚を超える出玉グラフを描くようになった。今回は、6.5号機についての簡単な説明と、末端ユーザーの反応を紹介していきたい。(文:松本ミゾレ)

【関連】王道パチスロ『ジャグラー』って、どのタイミングでやめればいいの?

出ないパチスロより出るパチスロ

6.5号機区分の機種が従来の6号機と一番違う点。それは元来、一撃の出玉が2400枚を獲得した時点で、有利区間が残っていても一旦通常時に落ちるという仕組みだったのが、出玉から差玉に変更になったというところである。6.5号機からは、有利区間内で差玉がプラス2400枚になった時点で終了となる。

そのため、プラマイゼロの時点で大当たりしても、この場合は今まで通り最大2400枚獲得で終了となるが、仮にマイナス1000枚のグラフから打ち出して連チャンした場合、このケースだと最大3400枚は出るということになる。非常に簡単な仕組みで、ハマればハマるだけリターンが期待できるという話にもなる。

有利区間自体のG数も伸びており、最大4000Gとなった。従来は有利区間1500Gなどの機種もあり、これでは800Gほどハマって当たったとしても、純増枚数の関係から2400枚に到達することもないまま強制終了の憂き目を見ることもあった。

4000Gもあればこういう事態もあまり見られなくなるわけだが、その分6.5号機はコイン持ちもかつての5号機レベルに落ちているので、万人が楽しめる遊技としてのパチスロ像とは乖離する形になる。

まあ、万人とか言っても新規ユーザーも増えない現状では、そんなお題目だけあっても正直意味がないんですけどね。

言ってみれば、従来の6号機時代は勝ちにくく、しかし遊べるパチスロが主流だったものが、6.5号機からは荒いゲーム性で一撃の出玉期待値の高い機種が登場してきたと考えてもいい。

その是非についてはさておき、やっぱりパチンコホールにやってくる層というのは遊技ではなくギャンブルをしたいと思っているので、6.5号機からの仕様の変更についてはおおむね好意的なようだ。

【関連】パチスロで「目押し」できないユーザーが増えている? その理由を考える

6号機のあんまり負けない仕様も好きだったけど……

それこそ、2ちゃんねるにも先日「【朗報】パチスロさん、6.5号機になり息を吹き返す」というスレッドが立っていた。ここに6.5号機の仕様変更に期待する人らの声、既に実際6.5号機区分機種を触った人の声なんかもあるんで、ちょっと引用させていただきたい。

「普通にすげー吸い込むしすげー出る。ハーデスほどじゃないけど下手な5号機よりギャンブルしてると思う。6号機特有の高設定は安定して勝って低設定は安定して負ける感がない」

「なんか昼すぎくらいに見てみたら既に4000枚出てたりする」

「万枚でるんか」

と、こんな感じ。万枚とは10000枚の出玉があった場合を指すパチスロ用語である。さすがに有利区間の関係上、一撃万枚という例は少ないが、これまで最大2400枚刻みでコインロスなく連チャンをさせても到達が困難だった6号機での万枚。それを6.5号機は2、3回の大きな波を掴めば達成可能と示すデータが、既にこのスレッドやSNSでは確認できる。

まあ、5号機以前は1回の当たりから連チャンして万枚どころか2万枚、3万枚と続くことはあったわけで、それに比べればこれでも「適切に楽しめる遊技」の範疇から、足ぐらいしか出ていないだろう。

筆者はまだ6.5号機を打ったことはないが、現物を見ないことには何も書けないのでこの記事を書く前に徒歩5分の場所にあるホールを覗いてみた。すると6.5号機の新台が既に結構出玉グラフを伸ばしていたので、設定も入っていたんだろうけど、やっぱり一度大きなフラグを掴んで有利区間に邪魔されないだけで、だいぶ景気よく見える。

……でも、これが別に新しい驚きというわけでもない。上記の引用させていただいたスレッドのタイトルにも「息を吹き返す」と書いてあるように、ただ元のパチスロに戻ろうとしているだけではある。

個人的には従来の6号機のダラダラ遊べてあんまり出ないけど時間は潰せるし、あんまり負けない仕様も好きだっただけに複雑な気分だ。しかし、収支を見返すと、その従来の6号機を打ったことでここ2年のパチスロ収支は真っ赤なのも事実。結局勝ちたいなら、荒い台を打てってことなんだろうなぁ。

【関連】「昔はパチスロで1日20万負けることがあったって本当?」という投稿で感じる今のパチスロの健全ぶり

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ