45歳で19歳年下の女性と結婚した男性 きっかけは「彼女からもらった義理チョコをホワイトデーに返しそびれた」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

45歳で19歳年下の女性と結婚した男性 きっかけは「彼女からもらった義理チョコをホワイトデーに返しそびれた」

画像はイメージ

年の差婚をした夫婦に対して最初に抱く疑問は、「どこで出会ったのか」というものだ。現在51歳、奥様は32歳で実に19歳の年齢差で結婚した男性が、出会いや結婚までの過程を明かしてくれた。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは「年の差婚の人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/JW69EQFF

「当初は年齢も離れているし、付き合うことは考えていなかった」

まず、男性(正社員)と相手の関係は「上司と部下」だった。彼女からもらった義理チョコをホワイトデーに返しそびれ、男性はそれを謝った。そして「今度何かご馳走する」と適当に言ったところ、

「じゃあ今日連れてって下さい」

と返されて食事に行くことに。

「そこで初めて二人で話をすると大変盛り上がり、その後もちょくちょく二人で会うようになった」

「当初は年齢も離れているし、付き合うことは考えていなかった」

というが、「すぐにお互い惹かれ合い付き合うことに」なったと綴る。付き合い始めてから1年半後には結婚。男性が45歳で、彼女が26のときのことだった。ホワイトデーから始まった恋。なんともロマンティックである。

1

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ