withコロナ時代の婚活で重視すべきは「感染症対策との向き合い方」 価値観の一致がより重要になる?

withコロナ時代の恋愛・結婚

withコロナ時代の恋愛・結婚

マッチングアプリ「Pairs」を運営するエウレカは6月25日、「withコロナ時代の恋愛・結婚」と題したオンラインセミナーを実施。相模女子大学特任教授の白河桃子氏、ジャーナリストの治部れんげ氏、エウレカ代表取締役の石橋準也氏がトークセッションを行った。

新型コロナウイルスの結婚率への影響について、白河氏は、東日本大震災後に結婚や婚活が活発になった”震災婚”を振り返りながら説明する。生命を脅かすような災害の後は結婚、出産、離婚など重大な行動をとる傾向があるというが、

「ただ、今からすぐに結婚が増えることはないと思います。そんなに相手が簡単に見つかるわけでもない。でも(震災の)5年後くらいに芸能人が結婚したとき、震災がきっかけという人が多かった」(白河氏)

と話す。新型コロナは”すぐ人に会えない”災害のため、直ちに結婚率が上がることはないが長期的にみると結婚観に影響を及ぼすという。実際、内閣府の調査によると、新型コロナを受け特に20代、また東京都23区在住者で結婚への関心が高まっている。

新型コロナで結婚そのものへのハードルが上がっている?