「年収300万円で月4万円も返済している」 “奨学金負債”を抱える人達の嘆き | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「年収300万円で月4万円も返済している」 “奨学金負債”を抱える人達の嘆き

奨学金の返済がつらい

奨学金の返済がつらい

奨学金を返済しながら働いている人は少なくない。キャリコネニュース読者からは、

「奨学金の総額は400万円、月々の返済額は2万円。困らないように仕事を選んでいるので、まったく困っていない」(30代男性/静岡県/年収1500万円)
「100万の奨学金を2万円ずつ返済しているが、特に困ってはいない」(20代男性/北海道/フリーランス/年収2000万円)

といった声が寄せられている。やはり年収4桁ともなれば、月2万円程度の返済額では大して影響もないようだ。とはいえ年収に関わらず「困ってはいない」という声は目立った。まずは一覧にまとめたものを見てみよう。(文:鹿賀大資)

奨学金の返済額は月々どのぐらい?

ここでは借りた奨学金の総額別に、月々の返済額と現在の年収を記載してある。

・奨学金200万円
「返済額は月4万円、年収は400万円」(20代男性/三重県メーカー系)

・奨学金250万円
「返済額は月5000円、年収は600万円」(30代男性/神奈川県/金融・保険系) 「返済額は月3万円、年収は550万円」(20代男性/茨城県/不動産・建設系) 「返済額は月1万5000円、年収は450万円」(20代女性/福岡県/IT・通信系)

・奨学金330万円
「返済額は月4万円、年収は300万円」(20代男性/福岡県)

・奨学金400万円
「返済額は月1万5000円、年収は700万円」(30代男性/滋賀県/不動産・建設系)

中には600万円の奨学金を借りており、月々の返済額が2万5000円でも「困っていない」(20代男性/福島県/IT・通信系/年収300万円)という投稿も寄せられていた。

「コロナで休業。一括返済したいが、貯金すら難しい」

それとは対照的に、同じ600万円の奨学金でも東京都の30代男性の場合は、「結婚をしていて、子どももいるので貯金ができない」という。ちなみに男性の返済額は月約5万円、年収は450万円だ。

沖縄県の20代女性も奨学金の総額は600万円。その内、入学時特別増額で30万円が加算されている。現在は病院の事務職に転職して年収200万円、奨学金の返済額は月2万7000円ほどだ。「転職したことで給料が激減し、辛さを感じるようになってきた」と打ち明ける。

「以前は、観光業がメインの会社に新卒で入社。手取りは19~20万円ほどで、特に返済額について思うことはなかった。しかしコロナの影響で会社が休業に。このままでは倒産するかもと危機を覚え、現在にいたる。気持ち的には地道に貯金をして、いつか一括繰上げ返済をしたい。でも今の状況だと、貯金すら厳しいので頭を抱えている」

東京都の20代女性は、奨学金返済に対する切実な悩みを綴る。現在はIT・通信系の会社で年収350万円を得ており、合計300万円の奨学金を無利子で月2万5000円ずつ返済している。

「手取りが月々20万円くらいなので、その1割を奨学金の返済にあてなければなりません。そのため貯蓄も少ないです。自分が通った大学の学費なので、返すのは当然です。でもやっぱり親に全額を払ってもらった人は、うらやましく思います」

女性は「なかなか減らない返済額に将来の不安を感じます」とこぼしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】奨学金返済中の人」「あなたの世帯年収への不満を教えてください」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ