年収100万円の40代院卒フリーター「大学院に行った時点で私の人生は詰んでいた」

大学院と民間の就職ルートがリンクしていなかった…

大学院と民間の就職ルートがリンクしていなかった…

一般的に大卒は高学歴と呼べるラインなのかもしれない。しかし大卒者が一様に学歴の必要性を訴えているのかと言えば、それは違うようだ。都内在住の20代男性は慶應義塾大学卒。現在はIT・通信系企業で年収850万円を得ている。男性は学歴の必要性について、「学歴によって得はしているが、学歴自体がその人の価値を決めることはない」と主張している。

一方、同じく都内に住む早稲田大学卒の40代男性は学歴必要派だが、

「仕事の内容によると思います。学歴が必要ないような業務なら要らないし。業務内容が高度かどうかなだけな気がします」(サービス系/年収650万円)

といった声を寄せている。このように学歴云々より、学歴を生かすことの方が重要と考える人は少なくない。院卒後に獣医師として働く、鹿児島県の30代女性(年収250万円)もその一人だ。(文:鹿賀大資)

「人生に役立たない学歴は意味がない」