年収100万円の40代院卒フリーター「大学院に行った時点で私の人生は詰んでいた」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

年収100万円の40代院卒フリーター「大学院に行った時点で私の人生は詰んでいた」

大学院と民間の就職ルートがリンクしていなかった…

大学院と民間の就職ルートがリンクしていなかった…

一般的に大卒は高学歴と呼べるラインなのかもしれない。しかし大卒者が一様に学歴の必要性を訴えているのかと言えば、それは違うようだ。都内在住の20代男性は慶應義塾大学卒。現在はIT・通信系企業で年収850万円を得ている。男性は学歴の必要性について、「学歴によって得はしているが、学歴自体がその人の価値を決めることはない」と主張している。

一方、同じく都内に住む早稲田大学卒の40代男性は学歴必要派だが、

「仕事の内容によると思います。学歴が必要ないような業務なら要らないし。業務内容が高度かどうかなだけな気がします」(サービス系/年収650万円)

といった声を寄せている。このように学歴云々より、学歴を生かすことの方が重要と考える人は少なくない。院卒後に獣医師として働く、鹿児島県の30代女性(年収250万円)もその一人だ。(文:鹿賀大資)

「人生に役立たない学歴は意味がない」

女性の今があるのは、大学および大学院で獣医学を学べたことだ。卒業後に獣医師免許を取得し、出産・育児を経て職場復帰を果たした。専門資格を取ったことで「働く場所には困らない」という。また大学院時代に論文と親しんだ経験が、現在の仕事に生かせており「症例報告や論文執筆などを積む練習になっている」と明かす。学歴の必要性については、

「私は大学や大学院で勉強することが、自身の進路を進む上で欠かせないと感じた。そもそも学歴そのものではなく、自己実現のために何が必要か、それをどこで学べるのかが問題。高卒と大卒を比較するのは無意味な話で、人生に役立たない学歴は意味がない。私は、自分自身に役立つことを学ぶために大学や院に行ったので満足している」

そんな女性は、大学に通わせてくれた親に対し「感謝しかない」と付け加える。また大学院は親に頼ることなく自費で通ったこともあり「なおさら満足度は高い」とコメントしている。

「バブル世代は高卒でも高給なのに…」就職氷河期世代の嘆き

東京都の40代男性は、学生時代について「3流大学からスタートした」と振り返る。そこから受験勉強をして、筑波大学大学院に編入。最終的には同大学院の体育研究科で、修士課程を卒業した。ところが、

「大学院と民間の就職ルートが、まったくもってリンクしていなかった。もはや筑波の院に行った時点で、私の人生は詰んでいた」

ちなみに現在は「年収100万円未満、パート・アルバイトをしている」とのことだ。

鳥取県の40代女性も短大から編入し、大学を卒業した。しかし当時は就職氷河期。そんな時世の煽りを受け、就職活動に苦労した。現況については「未だに非正規雇用。サービス系のパート・アルバイトで年収200万円」と語っている。職場については、

「正社員の上司は、みんな年下ばかり。私より上の世代、つまり就職枠の多かった時期に正社員採用された先輩は、給料も高く福利厚生も充実している。それが高卒でも」

と不満を漏らしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「学歴は必要だと思いますか?」「学歴ないけど年収1000万円以上」に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
【学歴は必要?】年収2000万円超の東大卒40代男性「資格さえあれば不要」 阪大卒からは「SランとFランでは全く違う」という声も
学歴は必要?日大卒「偏差値の低い”Fラン大”と一緒にされたくない」、早稲田卒「能力がないやつほど必要」

【学歴は不要!】中卒でも年収1200万の40代男性「技術習得には学歴など何の役にも立たない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ