河野太郎氏「副業推進」に現役Uber配達員が思うこと | キャリコネニュース
おかげさまで9周年 メルマガ読者数
65万人以上!

河野太郎氏「副業推進」に現役Uber配達員が思うこと

イメージ画像

体力的にきつい?

河野太郎行政改革大臣の「副業推進発言」がネット上で波紋を呼んだ。河野氏はUber配達員と意見交換し、「副業で収入を増やせるのは非常にいいこと」などと発言した。これに対しネットでは「副業の前に、本業だけで生活できるようにして」などと反発の声が相次いだ。

ごもっとも。本業で週40時間働いて、さらに副業までするのが「当然」になったら大変すぎる。ただ、ボクみたいに複数の仕事を組み合わせていくという働き方もある。「複業」Uber配達員として、感じていることを話してみたい。(文:飯配達夫)【連載第7回】

やってみようと思ったら

「Uberって疲れませんか?」

この質問、結構多い。自転車というのはかなりカロリーを消費する運動だ。馴れないうちはとても疲れる。だから体力に不安があるのなら、躊躇なく電動アシスト自転車かスクーターを選ぶべきだと思う。坂の多いエリアなら尚更だ。

普段運動不足の人が、ママチャリでフル稼働なんてしたら、本業に差し障る可能性が高い。無理しても仕方がないので、楽できる部分は楽した方が正解だ。

お金の話もしておきたい。首都圏に関して言えば、一番稼げるのは23区内だ。ただ、その23区内もエリアごとに濃淡があるし、繁忙期や閑散期もある。稼働する時間帯によっても結果が変わってくる。結局、個人差が激しいのだが、ある程度馴れれば自転車なら1日1万円?1万5千円くらい、バイクなら2万円くらいは稼げると思う。

もし自分でやってみようか迷ったら、地元の配達員から直接話を聞くことをお勧めしたい。Uber Eatsで注文し、届けに来た配達員に質問するのだ。答えてくれるとは限らないが、なんと言っても生の情報である。もし周辺エリアの状況が教えてもらえたら、とても参考になるだろう。

週末に1日だけやってみるのも良いと思う。週末は平日より「鳴る(依頼が来る)」からだ。ちょうど9月22日から近距離での配達を徒歩で行う「Uber ウォーカー(https://www.uber.com/ja-JP/newsroom/walker_expansion/)」という仕組みが始まった。配達用のバッグは必要だが、自転車は使わないので、お試し稼働のハードルが下がると思う。

10キロ近く痩せられた。

Uber配達員に向いているかは、結局その人次第のところが大きい。でも、もう4年以上続けていることを考えると、どうやらボクには向いていたらしい。

完全に自分の都合にあわせて働ける。シフトがないので、勝手に勤務日程を決められてしまう心配がない。一人で完結するので、年下の上司にこき使われることもなければ「サラリーマンなのに、なぜこの仕事を?」などと詮索されることもない。

嫌になったら後腐れなくやめられる。チームで動かないし、事務所に顔を出す必要もない。試しにやってみて、つづけられそうにないと感じたら、誰にも迷惑をかけずにやめられる。だから挑戦しやすい。

天気の良い日、アプリに導かれるまま知らない道を走り抜けるのは、ちょっとした気分転換になる。新しい飲食店も開拓できるし、高級マンションやファンシーなホテルにも入れる。ゲーム的要素があって飽きないのだ。

健康面でも、有益かもしれない。実際、筆者はUberを始めて10キロ近く痩せた。ワークアウトが大好きなあなたには、是非ともクロスバイクで配達することをお薦めしたい。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 激務薄給のアニメ業界 半数が「月間225時間以上」労働、4割弱が手取り20万円未満
  2. 読書量が多い小学生は偏差値が上昇 特に算数で顕著、読む子どもと読まない子どもで約5ポイント差が開く
  3. 帝国ホテルのバカッター騒動で考えるサービス業のあり方 時給1000円のバイトが働く現場で「最高のおもてなし」は維持できるのか
  4. 氷河期世代を冷遇しておいて「技術力ある即戦力」なんて虫が良すぎる! 「おじいちゃんと新卒だけ」の日本企業
  5. 「不登校でゲームばかり」親の心配に専門家のアドバイス 「ゲームにはプラスの面がたくさんある」が注目集める
  6. 有吉、アナウンサーの台風中継に「見たかねーよ」と苦言 「早く車入って気をつけてくださいって、じゃあ行かすなよ」
  7. 「妊娠の順番を破ってすみません」勤務先の保育園に謝罪した投書が「闇すぎる」と話題 「うちも毎年二人までって決まってる」
  8. お盆の渋滞予測、8月11日がピーク 相模湖IC付近では45キロメートルになる可能性も
  9. 巨木を運ぶことは人間のエゴなのか――プラントハンターが「世界一のクリスマスツリー」輸送プロジェクトにかける想い
  10. 「スズキこそ我々ハンガリー人の車」 進出決めた修氏「当時は気の毒な立場にあった」と振り返る

アーカイブ