「もはや昭和ではない」男女共同参画白書の「子なし世帯の方が多数派」に驚きの声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「もはや昭和ではない」男女共同参画白書の「子なし世帯の方が多数派」に驚きの声 

画像はイメージ

家族のかたちや結婚のありかたが大きく変化している。「もはや昭和ではない」というキャッチフレーズを使った「男女共同参画白書」が、その実態を示した資料として話題を呼んでいる。

キャッチフレーズは「もはや戦後ではない」という1956年の流行語のパロディ。どちらも社会実態が、そのときの「イメージ」と様変わりしたという、変化の大きな時代だ。では、家族にどんな変化が起きているのか。白書のグラフを引用すると……。(文:ふじいりょう)

結婚して家族を持つのが当たり前、ではなくなっている

図

「男女共同参画白書 令和4年版」より

昭和55年(1980年)には、「世帯」といえば「夫婦と子供」が42.1%で最多。親子孫の「3世代」が19.9%と続いていた。ところが令和2年(2020年)になると、夫婦と子供は25%に激減。3世代はわずか7.7%(5位)で、ひとり親と子供の世帯(9%)よりも少なくなっている。「家族」と聞いてイメージしがちなのは、ドラえもんのような核家族や、サザエさんのような3世代家族。しかし、そのどちらもが大幅に割合を減らしているのだ。

その一方、劇的に増え、最多になっているのは単独世帯。19.8%→38%と目覚ましい伸びを見せている。

ブロガーの斗比主閲子さんは、この白書について「昔みたいに結婚するのが当たり前、家族で暮らしているのが当たり前ではなくなっているというのをひたすら紹介し続けています」とコメント。子なし世帯が6割近くになっているというデータを紹介し、「何となく分かっていたものの、家の中に親と子が一緒にいる世帯が減少していて、もはや少数派になっているという事実は、ちょっとした衝撃でした」と綴っている。

ライフスタイルの変化を実感

この白書が示したデータでは「20代独身男性の4割がデート経験なし」にも注目が集まった。ほかにも「婚姻件数が戦後最小」「生涯未婚率(50歳時点での未婚率)」が男性25.7%、女性16.4%など、ライフスタイルの変化を思い知らされるデータが掲載されている。

実態が大きく変化する中で、社会制度も変革を余儀なくされている。昔のイメージに引きずられて議論をしたら、的はずれな結論に至ってしまう。「もはや昭和ではない」なんて、言われなくてもわかっているつもりだが、それが本当に意味するところは、データ面からきっちり把握しておくべきと言えそうだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  2. 上司に出す印鑑は「左に傾ける」のがマナー? ネットは「狂ってる」「社畜魂だな」と大批判
  3. 社外の人の前で身内を「さん付け」はなぜダメ?「相対的に相手を下げるから」に納得できない人達
  4. デンマーク人の幸せな暮らしぶりに坂下千里子が驚愕 「信じられない! この家庭だけでしょ?」
  5. 職場での不快な話題1位「偏見に基づいた話題」 男性は「仕事のグチ」女性は「性的な話題」を嫌う傾向
  6. あえて全国展開しない「崎陽軒のシウマイ」 社長は明言「変えてはならないものほど変えやすい」
  7. 杉並区の保育所建設予定地が公園で住民大反発 「待機児童ゼロ」を実現するためには仕方ないのか
  8. 家賃ゼロ、就職や定住もしなくてOK!宮城県栗原市が「ゆるくておもしろい?移住」参加者を募集 吉本芸人とまちづくりを考える
  9. サマータイム廃止した奈良県庁、導入時の庁内で起きていたこと「生活リズム崩れて体調不良と眠気」「早く来ても早くは帰れない」
  10. フリマアプリで問題だと思う出品物3位「卒業アルバム」2位「現金」―「手作りポエム」「読書感想文代行」という回答も

アーカイブ