既婚者が「セカンドパートナー」を探すマッチングサイトがオープン 肉体関係なしで「不倫ではない」強調 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

既婚者が「セカンドパートナー」を探すマッチングサイトがオープン 肉体関係なしで「不倫ではない」強調

セカンドパートナー探し

セカンドパートナー探し

既婚の男女がセカンドパートナーを探せるマッチングサイト「Sepa(セパ)」が2月1日にオープンした。セカンドパートナーとは配偶者とは別に、恋人のような関係にあるパートナーのこと。肉体関係はないため不倫には当たらない、とされている。

セパの公式サイトによると、「結婚後の男女の友達が欲しい、セカンドパートナーが欲しい、配偶者とは出来ないことをしたい、既婚者しかわからない悩みや相談を聞いて欲しい」という人が対象のサービスだという。

セカンドパートナーを持つと「男性は奥さんに優しくなる」?

同サイトを運営するセパクラウドの松本佳子代表によると、セカンドパートナーとは「友だち以上、恋人未満」の存在だという。

「セカンドパートナーを持つと、男女双方にメリットがあります。女性は恋をしたり、ときめいたりすることでキレイになれる。男性も奥さんに優しくすることができます」

同サイトの利用料は、女性は全て無料。男性はプロフィールの閲覧やメッセージの受信のみ無料で、メッセージを送信したり、掲示板に投稿したりするためには、1か月4980円の月額料金を支払う必要がある。ただ90日プランなら1か月当たり3980円、120日プランなら1か月2980円となる。

既婚者向けのサービスだが、未婚でも登録することができる。サイトには「婚活、恋活、友達探し、悩みや相談等様々な目的で活用することが出来ます」とあり、幅広い目的での利用を想定しているようだ。

ユーザーを検索するときは、年齢やエリア、年収だけでなく、資産額や体型、婚姻歴で絞り込むことができる。また目的の項目には「すぐに会いたい」という選択肢もあり、その日に会える異性を探すことも可能だ。

利用には免許証や保険証による年齢認証が必要になる。サイト内ではイニシャルやニックネームが表示され、実名が一切表示されない。不審なユーザーは強制退会させることもあるという。

セカンドパートナーというと、不倫ではないのかと思われることもあるが、「あくまでも友だちを作るためのマッチングサイトで、不倫を推奨するものではない」(松本代表)という。

「以前、既婚者合コンに行ったことがあるのですが、男性は不倫目的の人が少なくありませんでした。しかし女性はあくまでも友だちがほしいという人ばかりでした。既婚の女性には、異性の友だちを探している人が多いと感じ、サービスを立ち上げようと思いました」

サイトの立ち上げから2月8日で1週間。女性は20~30代の登録が多く、男性は30~50代の登録が多いという。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 「キラキラネームをつける親はバカ」という投稿が物議 「〇〇子だと『古臭い』と言われる」「せめてすぐ読める名前にして」
  2. 「大人になって辛いことが増えた」という人が7割 「自分の成果を横取りされた」
  3. 宮崎議員の育休取得を自民幹部が「売名」呼ばわり ネットは「これじゃ少子化対策なんて無理」とガッカリ
  4. 今どき「かな入力」は求職に不利ですか? 40代主婦の質問に「ローマ字に変えた方がいい」の声多数
  5. 育休を取ったあと会社を辞めるのはマナー違反?「迷惑」VS「権利」で意見分かれる 「正規職という保険を手放すな」との助言も
  6. ロックギター界の革命児、エディ・ヴァン・ヘイレンが死去 ジョン・メイヤー、スティーブ・ヴァイら著名ギタリストが追悼
  7. 契約社員の年収が高い会社ランキング トヨタ自動車「下手な中小企業で働くよりも断然貰える」
  8. 「出された料理にいきなり調味料」はNG? 「好きに食べさせろ」「すぐラーメンにコショウかけるのは許せない」
  9. 出身地を明かすときの憂鬱―神戸、横浜に顕著なことが判明「言えば気取ってる、言わなきゃ決めつけ・追及される」
  10. パチンコ店で一日最高いくら負けた? 「ミリオンゴッドで30万」という強者も

アーカイブ