世帯年収600~800万円でも余裕ある暮らしを送る人の共通点 「田舎暮らし」「年収を増やすと補助が減って逆に損。収入を抑える」

年収600~800万でもゆとりある暮らしを送るには…

年収600~800万でもゆとりある暮らしを送るには…

世帯年収600~800万円で生活している人たちは、現状をどう感じているのだろうか。キャリコネニュース読者からは、

「持ち家と車を所有していて、子どもは1人です。貯蓄や保険代などがあり、遊べるようなお金は残りません。月々の小遣いはランチ代含めて2万円です。首都圏で生活している私と同じ年収くらいの人たちは、かなりカツカツだと思います」(千葉県/40代男性/メーカー系)
「まったく満足できません。年金・社会保険・税金で、収入の3割を国に取られますから。大学生の子どもの学費を支払うと、貯蓄などできるはずもない状況です」(愛知県/50代男性/メーカー系)

といった声が寄せられている一方で、東京都の年収750万円の50代男性は、

「この収入で十分にやっていける」でしょう。これでダメなら、年金生活になった時には即破綻します」

と綴っている。今回は世帯年収600~800万円の中でも、「余裕がある」と感じている人たちの投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

収入の20%を貯蓄投資に「最初はキツいが慣れてきた」