世帯年収600~800万円の働き方事情「1日16時間勤務。人の倍は働いているのに税金を払ったら終わってしまう」

やっぱり多忙?年収600~800万円の働き方事情

やっぱり多忙?年収600~800万円の仕事事情

それなりの収入があれば、生活も安定しやすい。そうすると、仕事面も気になるところだ。世帯年収600~800万円の40代男性はキャリコネニュースに、

「現在の生活に特に不満はないが、余裕とも言えない。それでも残業ゼロで、この給与なら良い方だろう。ただ、暇過ぎるという悩みもある」(神奈川県/メーカー系)

といった声を寄せている。一方で、愛知県の50代男性は、

「世帯年収約700万の自営業者(パン屋)です。1日16時間勤務、つまり人の倍は働いているのですから、収入が多いとは思えません。どれだけ頑張っても、ほとんど税金を収めて終わってしまいます。高すぎる税金を何とかしてほしい。正直余裕などはまったくありません」

という。福岡県の20代男性も多忙な仕事事情を語る一人だ。男性は専業主婦の妻と、子どもが1人の3人家族。リフォーム関係で個人事業主をしており「目を覚ましてから眠るまで、一日中、手か頭で仕事をしている」という。(文:鹿賀大資)

休日も仕事のことが頭から離れず「純粋な休みはほぼナシ」