世帯年収2000万円以上の暮らし「早く貯金を1億円にしたい」「フェラーリは値段が下がらない。マンションを持っている感覚」

世帯年収2000万円以上の暮らし

世帯年収2000万円以上の暮らし

世帯年収2000万円以上と聞いて「別次元すぎて生活感がわからない」という人もいるだろう。それもそのはず、厚労省の2019年の調査によると、世帯年収2000万円を得る人の割合は、全体の1割ほどにとどまっている。

実際にどのような生活をしているのだろうか。世帯年収3000万円のキャリコネニュース読者からは、

「税金が高すぎる。所得税600万円、住民税220万円、固定資産税60万円。これに社会保険料200万円を合わせると、合計で1100万円近く引かれています。ちなみに私は弁当持参の自転車通勤です」(50代男性/北海道)

といった声が寄せられている。夫婦で世帯年収3100万円の50代女性も「夫の所得税と住民税で毎年余裕にベンツが買える金額なのがとても辛い」と語る。(文:鹿賀大資)

「昼食は1回1000円ほど、平日だけで2人の昼食代が月5万円くらいかかる」