世帯年収300万円台の生活「家賃4万円のボロアパート。テレビや電気は極力つけません」

「テレビや電気は極力つけません」

「テレビや電気は極力つけません」

自らの年収は周りと比較してどうなのか、気にする社会人は多い。神奈川県の30代独身男性は、不動産・建設系のアルバイトをしており、年収は300万円。キャリコネニュースに「この年で年収300万円とは『底辺』と言わざるを得ない。同い年の友人は、既婚で年収600万円くらいなのに」と自らの年収を自嘲する。ただ、男性は、

「自由に使えるお金は友人よりも多いので、不満はない。特に贅沢もしないが、だからといって我慢や節約をすることもなく、普通に生活できている。むしろ高収入を望めば自由な時間が削られるうえに、つらい勤務を強いられるだけなのではないかと思っている」

と現在の暮らしに満足する心境も明かしていた。ほかにも、年収300万円台の人たちの実情が気になるところだ。(文:鹿賀大資)

「美味しい新鮮な果物が食べたい」