30年間のパチンコ通いで“貯金ゼロ”という60代女性「幸いにもホールのない地域にマンションを購入したらやめられました」

カジノ法案で追いやられる「パチンコ業界」

カジノ法案で追いやられる「パチンコ業界」

パチンコを続ける理由は人それぞれ。「負けた分を取り返したい」「生活費を稼ぐため」「パチンコが好きだから」などが挙げられるなか、50代男性(年収450万円)は自身の「愛着」についてパチンコ半生を思い返す。

「無職時代に借金覚悟で挑み、生活費を稼がせてもらったことも。3日ほどで月給以上を稼がせてもらったこともありました。今までに使った総額は不明ですが、多分1000万円は超えています。だからお店に貢いでしまったことの方が多いです。そうした喜怒哀楽から、今は楽しむパチをしています」

そう語る男性だが、現在は「1パチ専門、特に用事がなければパチ屋で時間つぶしをしています」と綴っている。(文:鹿賀大資)

「規制に次ぐ規制には辟易しています」