学校給食の仕事を2か月で退職した40代男性「結構な重労働。人間関係も最悪でした」

学校給食の仕事を2か月で退職した40代男性

学校給食の仕事を2か月で退職した40代男性

終身雇用が崩壊し、転職が当たり前になった昨今。退職することへの心理的ハードルは低くなってきている。中には合わないと思ったらすぐに仕事をやめる人もいるようだ。

東京都で学校給食の調理業務をおこなっていた40代の男性(年収150万円)は、2か月で職場をあとにした。(文:中島雄太)

「週3日で1か月経った頃から急に、全体見て一人で動いてくださいと言われた」