日本人社員に「英語禁止令」、外国人社員とはAI自動翻訳を使用 「暗黒時代は終わりました」とロゼッタ社

「英語禁止令」とは?

「英語禁止令」とは?

人工知能(AI)を活用した自動翻訳システムを開発・運営しているロゼッタグループは3月1日、全社員に対して英語を話すことを全面禁止する「英語禁止令」を発令した。

勤務時間内に日本人社員が英語を話すこと、外国人社員が日本語を話すことを禁止する。対象には、取引先など社外とのコミュニケーションを含むという。

リリースでは「人種や性別とまったく同じように、英会話力など、本業の能力とは何の関係もありません」とコメント。外国人と話すときは、独自のシステムで外国語が母国語に自動翻訳されるウェブ上の「言語フリー部屋」を使う。言語に縛られずに本来の生産性を発揮できることができるとしている。

「外国語を使っている人でも大抵の場合、AI翻訳の方が精度がよい」と広報