世帯年収1300万円の男性の生活ぶり「レクサスとBMWを所有。一点豪華主義です」

どんな生活?

どんな生活?

世帯年収1200~1400万円と聞くと、裕福な生活ができるイメージだ。日本の平均世帯年収552万円(2019年厚生労働省)と比べても、かなり稼いでいる世帯だが、どのような生活ぶりなのだろうか。

同年収世帯のキャリコネニュース読者からは、

「年収に関しては満足。欲しいものなら大抵買えます。夫婦共に物欲はないので、月20万円は貯金できています。ただコロナのこともあり、現状の年収が維持できるか心配。60歳までに5000万円はためたい」(秋田県/40代後半男性/既婚子ども1人/金融系/契約社員/世帯年収1300万円)
「大学の学費のために子ども1人あたり500万円ためました。でも今のままの収入なら、貯金を崩さなくても払っていけそう」(神奈川県/40代後半女性/既婚子ども3人/その他/正社員/世帯年収1400万円)

という声が寄せられており、やはり余裕ある生活ぶりがうかがえる。その他の読者の声も紹介しよう。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「高くても安全なものを買う。国産のいい肉、無添加を選ぶ」