パチンコをやめられた人の声「カードローンで100万円の借金。夫に立て替えてもらった」「結婚を機にやめた」

ギャンブル卒業エピソード

ギャンブル卒業エピソード

世間には、ギャンブルをやめたくても断ち切れず、苦しむ人もいる。そうしたなかギャンブルがやめられた人たちは、何がきっかけになったのだろうか。キャリコネニュースに寄せられた投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「現役時代は、休日も『どうしても抜けられない仕事がある』と嘘をついてまでパチンコ」

30代男性(サービス系/年収600万円)は、かつてパチンコを1度だけ打ったことがある。しかし負けたことで「それ以降したことはない」という。男性にとっては、ビギナーズラックを経験しなかったことが、返って幸運をもたらす形になったのかもしれない。

30代女性(サービス系/年収100万円未満)は以前、旦那に内緒でパチンコにのめり込んでいた。しかし最終的にはカードローンでの借金を抱え、さらに夫にもバレてしまう。「約100万円の借金を全額、夫に立て替えてもらいました。それから一切、パチンコはやっていません」とのことだ。

60代男性(パート・アルバイト/年収200万円)からは、

「現役時代は、平日の帰りはもちろん、休日も『どうしても抜けられない仕事がある』と嘘をついてまで行くほどパチンコにハマっていた。それが勇退したら、憑き物が落ちたように行かなくなった。まったくイライラもない」

という声が寄せられている。年輪を重ねた「悟りの境地」といったところか。

「妻との結婚を機にスッパリやめた」