世帯年収1000万円の生活感「子どもの大学は奨学金」「服はときどきユニクロを買う程度」

服はときどき、ユニクロを買う程度

服はときどき、ユニクロを買う程度

年収1000~1100万円世帯が日常生活の中でこぼす本音とは、どのようなものか。滋賀県の50代女性(パート/世帯年収1100万円)は現在、夫と2人暮らし。キャリコネニュースに「3人目の子どもが大学を卒業して楽になった」という声を寄せている。都内の50代既婚女性は、2人の子どもを養う現役の子育て世帯で、

「子どもの学費と住宅ローンの返済で貯蓄ができない。旅行はせず、ブランド品を買うこともない。服はときどき、ユニクロを買う程度。では何にお金が消えているのか。強いていえば、食費がやや多め。夫の定年退職と老後生活が近づいてきているので、不安が増すばかり」(パート/世帯年収1000万円)

とコメント。神奈川県の50代既婚女性(世帯年収1000万円)も、家計管理に悩みを抱える一人だ。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「食費や光熱費は一般家庭の3倍近くあった」