「お金がないから病気を治せない」そんな人が増えている!? マツコは「あとで手遅れになる」と警告

4月25日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)が取り上げた記事によると、お金がないことで病気になっても治療をしない人、治療を中断する人が目立っているという。

お金に困っている人には、たとえ3割負担であっても医療費が重くのしかかることがある。そこで血液検査を拒否したり、「2000円しか持っていないのでその範囲で治療してください」などと医師に告げたりする人もいるというのだ。(文:みゆくらけん)

虫歯治療後の放置で口腔ガンのリスク高まる