面接で「写真と実物」の違いを指摘されたら? 突っ込まれたときの「返しのコミュニケーション」が大事なのか

もはや「実物通り」の選択肢はない

もはや「実物通り」の選択肢はない

人は誰でも、自分をよりよく見せたいもの。いまや簡単にデジタル修正ができる時代になり、写真は「実物どおり、それなりに」出力する選択肢はなくなり、「どの程度、よく見せるか」というサジ加減の問題になっている。

ときには実物とかけ離れた「証明写真」ができあがることもあるが、補正が当たり前のプリクラ世代は気にならないのかもしれない。5月27日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ)では、就職活動における写真の修正は、どの程度許されるかが話題となった。(ライター:okei)

カンニング竹山「こういう感じの生き方なんだなって」