休みは月3日だけ、顧問の暴言で部員も自殺 生徒も教員も疲弊する「ブラック部活」に意義はあるのか

地域によっては参加が強制になっている中学高校の部活動。部活に入ると、仲間ができ、学校生活が充実するという良い面はある。だが学業との両立に支障をきたしたり、指導と称して顧問から暴言を吐かれたりするケースもあり、「ブラック部活」としてネットでしばしば議論されている。

8月1日放送の「クローズアップ現代」(NHK総合)では、「ブラック部活」を特集。公立中学校の吹奏楽部に通う生徒のスケジュールが紹介された。

「日本人は苦行が人間を成長させると言う盲信が根強い」