働く主婦の6割「配偶者控除撤廃でも働き方は変わらない」 収入よりも家族との時間や仕事の融通を優先

「配偶者控除」の廃止が検討されている。これにより、働く主婦の働き方はどう変化するのだろうか。マーケティング支援事業を展開するソフトブレーン・フィールドは9月27日、「扶養控除と既婚女性の働き方」という調査リリースを発表した。調査は、同社登録会員で「扶養控除(配偶者控除)」の影響を受ける年収200万円以内の有職の既婚女性を対象に、9月15~21日にインターネット上で実施。590人から回答を得た。

7割以上が控除を受けるために年収の「壁」を意識