「教育がないから貧乏。教育があればいいところに勤められる」 北野武の母の言葉が共感呼ぶ

12月21日放送の「ファミリーヒストリー」(NHK総合)で、北野武さんの家族のルーツが特集された。とりわけタレント、北野武さん(69)の母・さきの深い教育観は話題を呼び、共感の声が多数寄せられた。

武さんの母・さきは1904年生まれ。幼い頃に母と兄、姉を亡くし、尋常小学校を卒業する頃には、育ててくれた父親まで亡くしてしまったという。そこでさきは東京に奉公に出る。奉公先では、便所掃除ばかりさせられていたという。

「いいところに入ればお金ももらえる。お金がもらえればいい暮らしができる」