20代の間で海外事業者とのマルチ商法トラブル急増 「日本の法律は適用外」と解約に応じず

マルチ商法による被害が後を絶たない。中でも、SNSの発達や商取引のグローバル化に伴う海外事業者とのトラブルが急増している。勧誘者が日本人でも事業所が海外にある場合、「日本の法律は適用されない」「クーリングオフは2日間」などと言われ解約できなかったケースがあるという。

国民生活センターは6月15日、「今後、同様のトラブル発生が懸念される」として相談事例やトラブルの背景を発表し、注意するよう呼びかけた

不明点を問い合わせても「マニュアルを見ろ」の一点張り