「夫の会社に隕石がぶつかって炎上すればいい」 ワンオペ育児に苦しむ女性に共感「ブラック企業は家庭も崩壊させる」

日本では依然として家事や育児の負担が女性に偏りがちだが、いくら我が子が可愛くても、子どもの世話を一人で長時間見ていれば心身ともに疲弊してしまう。

はてな匿名ダイアリーには7月29日、「土日のワンオペ育児がきつい」という投稿があった。投稿者は1歳の子どもを持ち、平日はフルタイムで働いている女性。夫の家事育児能力は高いと評価するものの、夫はブラック企業勤務で土日は仕事で家を空けることが多く、家にいるのは月に1日程度だという。そのため、投稿者はほとんどの土日に育児をして疲れ果て、

「子育ての業務量が辛いというよりも、孤独感が強い」
「最近『死にたいなぁ』と思うことが多い」

などと綴っており、精神的に限界に達している。

「子育ての業務量が辛いというよりも、孤独感が強い」