大河ドラマの主人公はマイナーな人物だとつまらない? 竜馬や秀吉、義経といった大物をローテーションで回すというアイデア

「おんな城主 直虎」が今週末に最終回を迎えるが、大河ドラマって本当に素晴らしいものだ。1つのテーマの時代劇を1年かけてしっかりと描き尽くすなんて、地上波ではなかなか出来ることではない。

稀に例外があるとは言え、大抵は主人公の幼少期からスタートし、少年期、青年期、壮年期、そして晩年に至るまでの日々と、人間関係の移り変わりをじっくり観賞することが出来るなんて、最高じゃないか。

筆者は特に「独眼竜政宗」と「毛利元就」、「北条時宗」に「真田丸」あたりがお気に入りで、いずれも戦国時代が舞台だ。来年の大河は西郷隆盛が主役の「西郷どん」であるが、比較的近世を舞台にした大河はなかなか個人的にハマった記憶がない。

頭が固いので、やっぱりついつい「大河っつったらお前、戦国時代の林立する数々の武家が織り成す血みどろの群像劇が一番面白いだろ!」と思い込んでいるのが、我ながら虚しい。(文:松本ミゾレ)

誰もが知っている大物がいいのか、「重要人物の部下の方が面白い」という説も