義母や親戚の「遠慮しないで食べて」攻撃がツラ過ぎる! 「断るのも無理して食べるのもストレス」「苦しくて最後は拷問に」

おもてなしや愛情の表れってわかってるから、なおさら辛い

おもてなしや愛情の表れってわかってるから、なおさら辛い

このトピックに集まったのはトピ主への共感の声。「うちの義母がまさにそれ!まともに食べてたら吐きそうになる」という声を筆頭に、

「田舎だと勧め方えげつないよ。そんなに食えるか!ってくらいご飯よそうし食べな食べなってガンガンくる」
「皆苦しくなって最後は拷問(笑)」
「『全部食べるまでおウチにかえれまテン』って、昔のタカアンドトシの番組を脳内で再生しながら、なんとか乗り越えてます」

など、多くの人が無理しながらフードファイター化してしまっているようだ。これでは帰省の度に気が重くなるのも仕方がない。

「遠慮じゃなく本当にもう食べられないのに、しかもそういってるのに、なんでわからないんだろうか」

とあるように、特に悩ましいのが「本気で腹パンパンなのにわかってくれない」というところだ。「遠慮しないで」「まだデザートもあるわよ」「若いんだから食べれるでしょ」的圧力が凄くて、「もう本当にお腹いっぱいで入りません」と伝えているのに全く伝わらないとなると、苦しさも倍増だ。

相手に悪意などないが、「あまりしつこく勧めるのはおもてなしではなく無理強い」「ありがた迷惑」「親切の押し売りにしか感じられない」などという声が殺到している。

ピンチを打破するには夫の「鶴の一声」が必要

「食べて食べて」攻撃を上手くスルーするスキルもなく、正直にノーサンキューを伝えても相手が聞く耳を持たない場合、どう乗り越えるべきか。それには、夫の協力が不可欠である。ある人は「食べて食べて」攻撃に困っていたところ、夫が義母たちに向かって

「食べたかったら勝手に食べるからほっといてやんな(笑)断りにくいしょ!」

と言ってくれたことで、それ以降しつこく勧められなくなったという。他にも「しつこく勧めてきたときは夫が制止してくれる」「『自分のペースがあるもんねえ』って声をかけてくれる人がいるとすごく嬉しくなる」というコメントもあった。ここはひとつ夫に頑張ってもらいたいところだ。

ただ、人が集まる食事の席は超ビックイベント。重い買い物をし、時間をかけて作ったごちそうを、おいしいおいしいと食べてもらうのは至極の喜びで、「皆を喜ばせたい」「楽しい時間を提供したい」という気持ちからくる行動だということは心に留めておきたい。そこを考慮した上で上手な「かわし」が出来れば一番良いのだが……これがなかなか難しい。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る