日本の労働生産性は先進国最下位! 一体どうすればいいの?改善策まとめ

働き方改革で改善が謳われている「労働生産性」。これは、国内総生産(GDP)を労働者の数で割ることで求められる。この数値をさらに労働時間で割ると、就業1時間当たりの付加価値額を示す「時間当たり名目労働生産性」が得られる。

世界的に見て日本の生産性は低いと言われているが、具体的にどの程度低いのだろうか。そして、その改善のためにどのような取り組みが行われているのだろうか。

日本の生産性は37年連続で先進7か国中最下位