クリエイター招致で「日本のシアトル」を目指す!―福岡市・山下龍二郎氏に聞く「地方都市の野望」とは?

福岡市・山下龍二郎氏

福岡市・山下龍二郎氏

子どもたちに大人気のゲーム「妖怪ウォッチ」と、世界的に利用者が増加しているコミュニケーションアプリ「LINE」。2つのサービスの共通点のひとつが「福岡市」だ。「妖怪ウォッチ」を制作したレベルファイブ社は福岡市に本社を構え、LINEも2013年11月に「LINE Fukuoka」を設立し、500人以上の社員が働いている。

この2社以外にも、福岡には成長が期待できる企業や経営者が多く集まる。企業が集まれば、人も必要だ。そこで福岡市は「ぼくらの福岡クリエイティブキャンプ」と題し、東京や大阪から2か月間の「体験移住者」を募集している。「体験移住」とは新しい試みだが、福岡市にはどのような「野望」があるのか? 福岡市の企業誘致課・山下龍二郎氏に聞いてみた。

→(2/4頁)福岡市はオフィスが安く、人材豊富で住みやすい