出品者も困惑!メルカリの非常識なユーザーたち 「いま〇〇ポイントしかないのでお値下げしてください」「650円を600円にして」

私事で恐縮だが、最近フリマアプリのメルカリを始めた。これまではヤフオクを利用していたのだが、いつからかフリマ機能を盛り込んで検索の手間が増え、今年になってからはオークションシステムが変わり、レスポンスが悪化した。

フリマアプリはオークション制ではないので気乗りはしなかったが、こうなったらしょうがないと思い、メルカリユーザーになってみたわけだ。

しかしいざ使ってみると、なんともイライラすることが多いのも事実。とにかく日本語が通じないレベルで話が進まない利用者も散見されるし、そういう奴に限ってしつこい。ユーザーの玉石混交っぷりが激しいのに、なぜ利用者が多いのかさっぱり分からないので、ちょっとこの点について掘り下げたい。(文:松本ミゾレ)

非常識な値下げ交渉はもはや名物「いきなり売れると神様に見える」