説明会で頷き続ける人は「赤べこ」、選考に落ちてお祈り続きだと「神に近づく」――2019年卒が使う「就活用語」ランキング発表

マイナビは8月16日、「就活生の間で流行した『就活用語』ランキング」を発表した。調査は今年7月にネットで実施し、2019年卒業予定の大学4年生および院2年生1775人から回答を得た。

就活生の間で流行した「就活用語」1位は「ガクチカ」。面接でよく聞かれる「学生時代に力を入れたこと」の略だ。2位は「お祈り」で、不採用通知の「今後のご活躍をお祈りしております」という一文から、選考で落ちることを指す。

3位は、不合格だと選考結果の連絡がないことから名付けられた「サイレント」。4~5位は「ES」(エントリーシートの略)、「NNT」(内定が無い「無い内定」の略。「内々定」に掛けている)と、就活でおなじみの略称が入った。

質問で真っ先に手を挙げる姿は「背泳ぎ」