ブラック企業の悲惨な日常「父の日は社長にプレゼント」「育休は会社への背信行為で待遇格下げ」「休みは月1日あればマシ」

「ブラック企業大賞2018」のノミネート企業が12月5日に発表された。どの企業が大賞を受賞するかは23日の授賞式で明らかにされるだろうが、「スルガ銀行」や「三菱電機」など世間を騒がせた企業9社が名を連ねている。

ブラック企業の状況を改善すべく、政府は来年4月から「罰則付き残業上限規制」「年次有給休暇の取得義務化」といった施策を来年以降にスタートするが、どれほど効果があるかは疑問だ。

現在ブラック企業に勤務する人は、どんな思いで働いているのか。キャリコネ会員・キャリコネニュースSNSフォロワーから寄せられた体験談を紹介する。

営業職として働く30代男性は、転職初日から日付が変わるまで残業させられてしまう。上司からは、

「お前ら中途入社の者達は落ちこぼれだ。何かしらのつまずきがあってここに来てる訳だから本気でやれ。お前らの代わりはいくらでもいる」

などと暴言を吐かれ、ノルマ達成できない場合は強制的に自主退職させられる社風だと明かした。

社保ナシ、有休ナシ、16時間労働、遅刻するとビンタという環境で2年耐えた人も