ボーナスが少ない人達の嘆き「査定すらない」「この10年間、10万円を超えたことがない」

あるだけましという声も聞きますが、でもやっぱり少ないのは辛い

あるだけましという声も聞きますが、でもやっぱり少ないのは辛い

93万4858円。これは2018年12月に経団連が発表した「2018年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」に掲載された、大企業のボーナス平均額だ。2017年末に比べて6.14%増という驚異の伸び率で、過去最高額を更新した。伸び率が6%を超えたのは1990年以来、28年ぶりだ。好景気と言われて久しいが、やはりお金のあるところにはあるのだろう。

一方で、「ボーナス?何それ??」「自分には関係ない」という人もいる。企業口コミサイト「キャリコネ」には、ボーナスが少ない企業で働く人々のリアルな声が寄せられている。

「1.3か月分くらいしか出ない」