スタバにカルビー、相次ぐ値上げに経済学者も苦悩「実質賃金は下がっている。これから大変なことになるかも」

生活が楽になるのはいつになるのやら

生活が楽になるのはいつになるのやら

食品やサービスが相次いで値上がりしている。スターバックスは2月中旬から、定番ドリンクの価格を10円~20円程度引き上げた。カルビーも「堅揚げポテト」や「ピザポテト」などの人気商品の値上げを発表している。原材料や人件費はますます高騰すると懸念されるため、今後も多くの企業が値上げすると見られる。

そんな中、3月1日の「モーニングCROSS」(MX系)では、専修大学経済学部准教授の恒木健太郎氏が出演。物価上昇がもたらす日本への悪影響を語った。(文:石川祐介)

価格はブランドイメージ決めるため、企業は「死活に関わる場合以外は定価で売る」