「社会を舐めてる人のほうが人生上手くいく」説に注目集まる「横柄なヤツのほうが上司から高評価。どうなってる」

気楽に行こうぜ!

気楽に行こうぜ!

以前、友人の僧侶に「人間、世間的には幸福な大往生と言われるぐらいの年齢まで生きられても、いよいよの時にはみんな少なからず後悔の言葉を口にする」と説教を受けたことがある。100%確実にそうとは言い切れないものだけど、そういう人は多いのかもしれない。

人間なんて「あのときああしていれば」の連続で生きている。誰にもその心中を吐露しなくても、内心そう感じたまま死ぬ人だって、少なくないはずだ。そうなってくると大切になるのが、人生を上手く渡って楽しむことじゃなかろうか。となれば、そのために必要なものって何なのか、という話になってくる。(文:松本ミゾレ)

「『俺のやり方にケチつけんじゃねえ』って態度のヤツのほうがなんだかんだ強い」