SNS依存で締切を守れない人が急増? 「公共料金の支払い忘れた」「入学願書を出せなかった」

スマホ、SNS、ネットとは程よい距離を保ちたいものですね。

スマホ、SNS、ネットとは程よい距離を保ちたいものですね。

4月24日の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)では、インターネットの普及が人間の欲求や思考力に与えた影響を取り上げた。ネット依存症の治療が専門の医師・片上素久氏は、SNS依存によって締め切りを守れない人が急増していると指摘した。

SNS上には情報が溢れ過ぎているため、重要な情報さえも流し読みしてしまう人がいるらしい。片上氏の元に来た患者の中には、公共料金の支払いを忘れて電気や水道を止められた人もいたという。学生だと、入学願書の締切を忘れてしまうケースもあったそうだ。(文:石川祐介)

興味に合う情報が自動表示されることで「優先度を付ける力が低下する」