サービス業のブラック過ぎる日々「300時間以上働いても本部に勤怠訂正される」「休み=悪。有休も冠婚葬祭も休めない」

サービス業のブラック過ぎる日々

サービス業のブラック過ぎる日々

今年の10連休に及ぶゴールデンウィークには、飲食店や小売などサービス業従事者から「もっと忙しくなる」「休めない」などの不満が多くあがった。キャリコネニュース読者の「ブラック企業での経験談」にも、サービス業で働く人から悲痛な叫びが寄せられている。

ある30代男性は、「出勤日の労働時間は、18時間が当たり前です」という。さらに16時間の夜勤が終わってヘトヘトな状態のまま、12時間の日勤シフトに入ることもザラだという。計28時間、1日以上働き続けることとなる。

「休日は月に8日ありますが、そのうち6~7日は出勤を命じられます。しかも無給ですよ。ひどい時は3~4か月休みがありません」

ミスをすると、プライベートなことまでチクチク嫌味「実際には人格否定です」