2020年の私大入試、早慶など難関校避ける傾向強まる? 「浪人すると21年の入試改革の対策求められる“後がない入試”」

都市部の私立大学はさらに難化しそうです

都市部の私立大学はさらに難化しそうです

シンドバッド・インターナショナルは5月22日、2019年、2020年の大学入試の結果分析と予測を発表した。

2019年の早慶上智、MARCHの受験者数は、中央大学を除くほぼ全てで前年より減少した。早稲田大学が11万1338人(昨年比95%)、慶應義塾大学が4万1875人(同96.7%)、上智大学が2万7916人(同89.5%)だった。

受験者が唯一増加した中央大学は9万1465人(同104.6%)。MARCHの中で最も減少率が大きかったのは明治大学で11万1304人(同92.9%)だった。

2019年のMARCH入試は「従来受かるラインの受験生が全滅する波乱の結果」