人材が次々と流出する職場の特徴「残るのは体育会系のイエスマンばかり」「パワハラ、アルハラが横行」

人材が次々と流出する職場の特徴

人材が次々と流出する職場の特徴

優秀な社員が次々と辞めてしまう人材流出。培ってきた知識やノウハウ、技術力が失われ、会社の業績にも影響するため、企業としてはなんとか防ぎたい事態だ。人材流出はどのような企業で発生しやすいのだろうか?企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみよう。【参照元:キャリコネ】

「エンジニアの報酬が相場よりも安い状態が続いている。当然の結果として、人材流出が加速してしまった。近年、全社的な技術力の低下と人材の層の薄さがあらわれている」(ソフトウェア関連職、30代前半、男性、正社員、年収750万円)

「優秀な人材を活かしきれてない。現場で働いている優秀な人材に外に行ってほしくなければ給料を上げたうえで、ポジションを与えなければ、人材流出は防げないだろう」(総務、20代前半、男性、正社員、年収300万円)

「働きに対して報酬が少ない。優秀な社員からより良い会社へ転職するため人材の流出が激しい。残るのは体育会系のイエスマンばかりなので、組織内の多様性が失われ活気がない。もう少しモノを言える雰囲気を作らないと、さらなる人材流出が危ぶまれる」(ホテルスタッフ、20代前半、男性、契約社員、年収500万円)

圧倒的に多かったのが、給料や報酬の低さに対する不満だ。同業種の相場に比べて低い、正当に評価されず、働きに見合った額やポジションを与えられていないといった不満が、転職を考えるキッカケにつながっているようだ。

退職者が相次げば、人手不足によって残された社員の負担も増加する。正当な評価、報酬を与えて社員のモチベーションを保ち、定着率を高める工夫をしなければならない。

会社の雰囲気も影響「劣悪な人間関係」「トップが悪い意味でワンマン」