50代のリアルな貯金事情「1500万円。給料が大幅ダウンして苦しい」「借金返済で貯金ゼロ。企業の内部留保が多すぎ」

50代のリアルな貯金額

50代のリアルな貯金額

人生100年時代と言われる昨今。日本FP協会の調査によると、残りの50年を踏み出した50代の86.5%が「老後の生活資金が不安」と書いている。今回は50代キャリコネニュース読者から寄せられた、年収と貯金額のリアルを紹介する。

定年退職、そしてセカンドライフを目前に控える50代は、昇進を続けて収入が上がり続けている人が多いイメージかもしれない。しかし、今回アンケートに答えてくれた人の年収は「200~400万円台」と「700~1700万円台」が多く、ばらつきがある。

年収420万円の独身男性からは「給料が大幅ダウンして苦しい」(月々の貯金額20万円/現在の貯金額1500万円)と、給料が上がるどころか下がってしまった現状を綴る。

貯金額500万円でも、「不十分である」「満足」両方の声集まる